2017年2月2日

健康食品とサプリメント

健康食品で摂取する代表的なビタミンとして、まず挙げられるのがビタミンCやビタミンEです。お肌の調子を整える作用が、ビタミンCには期待されています。老化の原因ともいえる抗酸化作用を抑制する作用があるというビタミンEは、たくさんの人が活用しています。目に良いと一般的に認識されているビタミンAやビタミンD、ビタミンB2、B12等もあります。健康食品の材料には、合成された成分と自然界に存在する天然の成分とがあります。成分表示を調べることで、どちらのタイプの健康食品かわかります。合成成分で作られている健康食品よりも天然成分から出来ている健康食品のほうが、体への吸収が良いとされているからです。ビタミンによって摂取の方法を分けた方がいいこともあります。水溶性ビタミンは頻繁に摂取する方が効果的です。一気に摂取すると体に良くないことがあるのは、脂溶性のビタミンのグループです。ビタミンCだけでなく、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6も水溶性ビタミンに分類されるビタミン類です。ビタミンA・E・D2・D5・F・K・Uが脂溶性ビタミンで、自然界では魚油、肝油、大豆油、胚芽油などの中に含まれています。他のビタミンと併用することで吸収を良くしたり、健康効果をより高めたりしますので、確認してみるといいでしょう。個々の栄養についてある程度のことを知っておくと、健康食品を使う時にも役に立つのではないでしょうか。http://www.persiandatanetwork.com/